SFC修行するならANA VISA/マスター ワイドゴールドカードな理由

ana-visa-gold 年会費14,000円(税抜)(※年会費を9,500円にする裏ワザ有)

これからSFC修行を始めようという方でマイルをANA Skyコインに変えて修行用チケットを調達する場合はすぐにでも作ることをおすすめします。

今だとモッピーで3,000ポイント(2,700マイル)で案件が出ていますが、急ぎで作る必要がなければキャンペーンを待ってもっと高ポイントの時に作る方が良いかもしれません。

プラチナ達成後のSFC切り替えを前提に計画する

SFC修行で50,000プレミアムポイントを達成するとANAマイレージクラブの上級ステータスであるプラチナ会員になります。(100,000ppだとダイヤモンド) そしてプラチナ会員かダイヤモンド会員だけが作れるカードがSFC=スーパーフライヤーズカードです。SFCはクレジットカードですから当然発行審査があります。せっかく苦労してプラチナになってもカード審査で引っかかりSFCが発行できないなんてことにならないよう事前にANAカードを作っておくのが定石です。

下記のようにSFCはANAカードのブランド、グレード毎に設定されており、既にANAカードを所有している場合、同じブランド&グレードなら無審査でSFCに切り替えることができます。

sfc_switch

ANA スーパーフライヤーズカード一覧

ゴールドカードならANA Skyコインの交換率が1.6倍にアップ

SFC修行では実際に航空券を買って飛行機に乗らないと資格達成のためのプレミアムポイントが貯まりません。航空券は現金やカードの他にANA Skyコインで購入することができます。Skyコインは1コイン=1円のANA各種サービスで利用できるバーチャルマネーで、マイルから交換することができます。

プラチナ資格である50,000プレミアムポイントを達成するためには最低でも概ね50万円程度かかると言われていますので、修行僧にとってはSFC獲得コストを下げるためにマイルからのSkyコイン交換をうまく利用することは非常に重要です。(実は私も修行に必要なチケット代は全てマイルから交換したSkyコインで充当するという計画にチャレンジ中です。)

skyコイン  skycoin2

そんなSFC修行僧にとって嬉しいのが、ANAゴールドカードを持っているとマイルのSkyコイン交換率が1.6倍になるという仕組みです。(AMC平会員や一般ANAカードは交換率1~1.2倍) ※50,000マイル以上の交換の場合

skycointransferrate

50,000マイルを1.6倍でSkyコインに交換すると80,000コインとなり、80,000円分のチケット代として利用することができます。

かれこれ10年近くコツコツとアメックスで貯めてきたポイントが15万ポイント程あったので、SFC獲得チャレンジを機に全部ANAマイルに交換し、さらにゴールドカードのレートでSkyコインに交換しました。150,000×1.6=240,000コインなので、修行費用の約半分はスタート時点で元手として準備することができました。残りの半分は伝家の宝刀ソラチカカードのマイル交換ルートを使ってマイルをガンガン貯めて、さらにSkyコインに交換していくという方法でなるべく現金の持ち出しをせずにSFCを取得する計画です。

※アメックスポイントからANAマイルに交換する場合、年間8万ポイント=8万マイルまでという制約があるため、実際には昨年末に8万ポイント、今年に入ってから残りの7万ポイントをマイルに交換しました。

 重要  JCB以外を選択してソラチカとの競合を避ける

※2015年4月よりANA JCBカードとソラチカカードの重複所有が可能になりました。詳しくは文末に追記しました。

ここでSFC用のANAカードとソラチカカードの関係についてチェックしてみたいと思います。

ANAカードは同一名義で同じブランドのANAカードは複数所有できないことになっています。ソラチカカードはJCBブランドのANA提携カードですので、ソラチカカードとANA JCB ワイドゴールドは同時に所有できません。既にソラチカカードを所有していて後からANA JCB ワイドゴールドを申し込むと自動的に切り替えとなり、ソラチカカードは解約となってしまいます。

驚異の交換率90%のANAマイル交換ルートはソラチカカードあってのスキームですから解約してしまったら本末転倒です。

そうするとSFC用のANAカードはJCB以外(VISA、マスター、ダイナース、アメックス)のいずれかからの選択となります。

ブランド

年会費(税抜)
ANA VISA ワイドゴールドカード ¥14,000
ANA マスター ワイドゴールドカード ¥14,000
ANA JCB ワイドゴールドカード ¥14,000
ANAダイナースカード ¥27,000
ANAアメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード ¥31,000

年会費で見ると、VISAかマスターが最も安くおすすめです。(マイルも1,000円で10マイル、ANAグループ利用なら20マイル貯まります。)JCBは選択肢から外れます。

ちなみに、VISAかマスターの場合、さらに年会費を4,500円割引にする方法があります。

ANA VISA/マスター ワイドゴールドカードの年会費を9,500円(税抜)にする方法

発行元の三井住友VISAカードでは「マイ・ペイすリボ」という強制的に分割払いとなる支払い設定があり、登録・利用すると年会費が3,500円割引になります。分割払いになると当然金利を取られるわけですが、マイ・ペイすリボに登録し、かつ金利がかからないという方法があります。

カードが発行されたら三井住友VISAのウェブサイトからVpassサービスにログインして、マイ・ペイすリボの利用登録を行います。その際、支払設定でリボ払いとする下限金額をショッピング限度額と同じ額(ショッピング枠が100万円ならリボ下限金額も100万円にする)に設定しておくと常に一括払いとなり金利がかかることはありません。簡単です。

また、毎月郵送で送られてくる明細書をWEB明細書に切り替えると次年度より年会費1,000円割引になります。まとめると、

●マイ・ペイすリボへの登録+利用で初年度から年会費3,500円割引

●WEB明細書サービスの利用で次年度から年会費1,000円割引

●合計4,500円割引(税抜)

ANAカード 年会費割引特典

まとめ

ソラチカカードとの競合回避と維持費(年会費)の安さを考えて、私は修行用ANAカード、そしてSFC切り替え用のカードとしてVISAのゴールドを選択しました。もちろんカードブランドの好みもあるかと思いますが、ソラチカカードと競合してしまうJCBだけは避けておくことをおすすめします。

晴れてSFCホルダーになれたら、ようやくそこがスタートラインです。バンバン特典旅行に行くために”年間20万マイルを貯める方法”の実践、継続は必要です。

そういう意味では、重要度はソラチカカード>ANAカードということになります。

普通の人がなるべくお金をかけずに年間20万マイル貯める方法

(追記)

2015年の4月よりANA JCBカードとソラチカカードとの重複所有が可能になりました。今後はJCBブランドを選んでも大丈夫のようです。

下記はJCBのソラチカカード申込ページの記載です。

anajcb_sorachika

 ANA To Me CARD PASMO JCB(ソラチカカード)申込ページ

スポンサーリンク
スポンサーリンク




フォローする

コメント

  1. ゆー より:

    はじめまして!
    今年SFC修行を考えている4月から社会人の大学4年です。
    ANAワイドゴールドカードは満30歳以上とのことで、学生や20代が行う場合は
    ANAワイドカード+ソラチカカードを入手し、ブロンズメンバーになるまでは
    1.5倍の比率でマイルからスカイコインに交換することに注意すれば、
    残りは同じ条件で達成できるのでしょうか?ご教授いただければ幸いです!

    • @jade より:

      ゆーさん

      こんにちは。
      学生さんや20代の方の場合はカード発行の際の年齢制限の壁がありますよね。
      少し調べてみましたが、クレジットカードありきのスキームなのでやはりゆーさんのおっしゃるプランが手堅いような気がします。
      ブロンズまでの間、SKYコイン交換率にハンデがある以外は環境は同じになると思います。

      若い頃にSFCにチャレンジできるのはとても羨ましいです。
      ぜひSFC獲得成功させてくださいね。

      • ゆー より:

        早速のご返信、ご教授ありがとうございます!

        自分でもさらに調べてみましたが、学生や社会人1年目ではポイントサイトの
        クレジットカード作成も信用面から数をこなすのはなかなか難しいようです…

        早くSFCを取得したいですが、まずはJAL CLUB ESTカードをサブにし、
        空港はサクララウンジ使用で乗り切り、手持ちののSMBC系カードで
        良好なクレヒス作りに励もうかと思います!
        あとはソラチカカードが改悪されないことをただ願うのみです…(笑)