美ら海水族館に絡めたい絶景ドライブルート(古宇利島)

沖縄本島北部のきれいなビーチが続く海岸線をゆっくりドライブしながら北上して美ら海水族館を目指します。途中、マイナーだけどすごくきれいなビーチ、瀬底島の「アンチ浜手前のビーチ」にも立ち寄りました。

超絶美しい穴場ビーチ、その名も「アンチ浜手前のビーチ」(瀬底島)

美ら海水族館の後は古宇利島まで足を延ばしてぐるっと回ってくるルートです。

okinawa_north2

okinawa+north

美ら海水族館の入場チケットは「道の駅許田 やんばる物産センター」に立ち寄って割引入場券を購入しました。ここの道の駅は全国人気ナンバー1になったことがあるそうですよ。

「道の駅許田」人気の道の駅全国1位の実力(たびらい沖縄)

道の駅許田

michinoeki_kyoda_ticket

大人1枚通常1,850円のところ1,600円で手に入れることができました。美ら海水族館以外にも観光施設の割引券も扱っていました。

地元産の野菜や食品、お土産などがかなり充実しています。時間がなかったので今回はスルーして先に進みます。

さて、いよいよ美ら海水族館です。

美ら海水族館

美ら海水族館

有名な黒潮の海ですね。ジンベエザメでか!すごい迫力。

マンタ2匹が戯れるようにびゅんびゅん泳いでいます。

美ら海水族館 ジンベエザメ

水槽の前には階段式の劇場型シートがあって、そこに座ってずーっと眺めていることもできます。残念ながらあまりゆっくりできず、オキちゃんショーに向かいます。

DSC_0260

場内が広くて移動に思いのほか時間がかかってしまいました。オキちゃん劇場についた頃には既にショーが盛り上がっていました。

とても短時間では楽しみ切ることはできません。次回は是非ともゆっくり時間をとって滞在してみたいと思います。

せっかく北部まで足を延ばしたので、景色がきれいだという古宇利島までドライブしてみます。

途中、ワルミ大橋を通ります。本島と離島(屋我地島)の間の入り組んだ入江を望める絶景スポットです。

橋の上から水面まで高低差(50mはありそう)があるので結構な迫力です。

ワルミ大橋

ワルミ大橋から古宇利島方面。

ワルミ大橋

これから向かう古宇利大橋が小さく見えます。

ワルミ大橋

橋の反対側の景色

ワルミ大橋から5~6分も走ればもう古宇利大橋です。

古宇利大橋

真っ直ぐな橋の道が真っ青な海に吸い込まれていくような感覚に陥ります。とにかく海がきれい。

古宇利大橋を渡り切ってすぐのビーチで車をとめました。

古宇利島

白い砂ときれいな水のビーチでした。波打ち際でじゃぶじゃぶしている人々がたくさんいました。

古宇利大橋

橋を挟んだ反対側からみた古宇利大橋。

この日は晴れていたのでもしかしたらサンセットが見られるかもしれない! ということで、古宇利タワーとハートロックはキャンセルして、名護周辺の西海岸でサンセットが見られそうなスポットを急遽探すことにしました。

それで見つけたのが名護市の海岸にある「21世紀の森ビーチ」でした。

ここのサンセットは素晴らしかったです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク




フォローする