初回限定。あっという間に10万マイル分以上を稼ぐ方法②(FX編)

money-241798_1280

たった一度しか使えないけれど、どかっと大量ポイントを獲得できる飛び道具的な手法第2弾、FX口座開設案件です。

FX証券会社は新規取引口座獲得のための広告費をじゃぶじゃぶ使うことで知られています。口座を開設しただけでキャッシュバックしたり、アフィリエイト広告報酬も高額だったりします。当然ながらポイントサイトでも常に広告を掲載しており、証券口座開設をポイントサイト経由で行うと高額のポイントバックを得ることができます。その代わり少しだけハードルが高くなっています。

FX案件のポイントバックの承認条件は年々厳しくなってきており、最近は口座開設しただけではダメで、実際に口座に入金して取引をしなければ承認されないというのがトレンドになっています。

そもそもFXはやり方を間違えると資金を大きく失う可能性があります。FX取引に慣れていない方はポイントがたくさん還元されるからと言って、承認条件として証券口座への数十万円という高額の入金が必要だったり、数百ロット単位の大量の取引を課すような広告案件には絶対に参加してはいけません。

でも大丈夫です。ここでご紹介するものはFXが初めての方でも安心して参加できる、少額投資少量取引極小リスク簡単操作のものだけを選りすぐっています。

下記でおすすめする証券会社のひとつは、たった2.7円+αの経費で12,000ポイント(10,800マイル)が手に入るなど破格の効率の良さがあります。

ちなみに、おすすめの3案件全てに参加すると合計40,000ポイント(=36,000マイル相当)貯まります。

それでは実際にポイントサイトの広告案件を見てみましょう。

ポイントサイトのFX案件をチェック

FX案件はハピタスが安定して高額案件を掲載しています。トップページの「サービスでためる」→「FX・CFD・先物取引」のページを見てみます。

ハピタスFX口座開設

ポイントバック条件のハードルが低いおすすめ証券会社

2015年10月初旬現在のおすすめ案件は以下の3口座です。おすすめの基準は入金額の少なさと取引量の少なさです。少額ですが実際に資金を入金して通貨の売買を行います。具体的な手順は後で説明しますので、まずは実際の広告案件をざっくり流し読みしてみてください。

①SBI FXトレード 12,000ポイント

  •  ポイント獲得条件
    • 新規口座開設後90日以内に1万円以上入金の上、1,000通貨以上の取引
    • 判定までの期間:取引後約120日(実際にはもう少し早いと思います)
    • ※ポイントが加算されるまで出金しない方がベター
  • 取引にかかる経費
    • ドル円のスプレッド(売買手数料)0.27銭 → 取引にかかる経費=2.7円+α
    • ※取引終了後、証券口座には9,990円前後が残ります。ポイント承認後に出金可能です。(具体的な取引方法は後述します)

証券口座への入金金額が1万円で済み、取引量も1,000通貨で済むので、初めての方には一番のおすすめです。1,000通貨というのは例えばドル円であれば1ドル120円とすると4,800円の元手があれば売買できる取引量です。

ハピタスFX口座開設

②DMM.com証券(DMM FX) 15,000ポイント

  •  ポイント獲得条件
    • 新規口座開設後60日以内に一括5万円入金の上、1Lot以上の取引
    • 判定までの期間:取引後約30日
    • ※ポイントが加算されるまでに出金した場合は却下対象
  • 取引にかかる経費
    • ドル円のスプレッド(売買手数料)0.3銭 → 取引にかかる経費=30円+α
    • ※取引終了後、証券口座には49,900円前後が残ります。ポイント承認後に出金可能です。(具体的な取引方法は後述します)

入金金額は5万円、取引量は1Lot(10,000通貨)です。1Lotというのは例えばドル円であれば1ドル120円とすると48,000円の元手で売買できる取引量です。取引してからポイントが承認されるまで約30日かかります。その間、証券口座からの出金はできません。(出金するとポイント承認されません)

ハピタスFX口座開設

③外為ジャパンFX 13,000ポイント

  •  ポイント獲得条件
    • 新規口座開設後60日以内に一括5万円入金の上、1Lot以上の取引
    • 判定までの期間:取引後約90日
    • ※ポイントが加算されるまでに出金した場合は却下対象
  • 取引にかかる経費
    • ドル円のスプレッド(売買手数料)0.3銭 → 取引にかかる経費=30円+α
    • ※取引終了後、証券口座には49,900円が残ります。ポイント承認後に出金可能です。(具体的な取引方法は後述します)

DMM.com証券と同じ条件です。入金金額は5万円、取引量は1Lot(10,000通貨)です。1Lotというのは例えばドル円であれば1ドル120円とすると48,000円の元手で売買できる取引量です。取引してからポイントが承認されるまで約90日かかります。その間、証券口座からの出金はできません。(出金するとポイント承認されません)

ハピタスFX口座開設

FX証券口座で取引するまでの具体的な流れ

ポイントサイトは上記ではハピタスをおすすめしていますが、時期やキャンペーンによって獲得ポイントに変動がありますので、念のため他のポイントサイトもチェックしてみましょう。

【注意】

複数のポイントサイトを行ったり来たりしていると正しく経由サイトが認識されずポイント対象にならないことがあります。経由するポイントサイトが決まったら、一度ブラウザの閲覧履歴やクッキー情報を全て削除してブラウザを再起動させましょう。

パソコンでの「Cookie」の削除について

①ポイントサイト経由で証券口座を開設する

広告案件の「ポイントを貯める」ボタンをクリックすると証券会社のページに移動します。新規口座開設の案内に従って進み口座開設を申請します。

申請の際には氏名、生年月日、住所、連絡先、メールアドレス、勤務先情報(主婦でもOK)、投資経験、自己資産、自己資金、銀行口座情報などを入力します。全ての入力が完了したら身分証明書のスキャンしたものや写真(写メしたもの等)をアップロードして申込みは完了です。もちろん口座開設費用は無料です。

申し込み後数日して口座が開設されると通知メールが届きます。その後書留郵便で登録住所に取引システムへのログイン情報が記載された封書が届きます。

証券口座開設に必要なもの

  • 身分証明書
    • 免許証
    • 健康保険証 など
  • ネットバンキングできる銀行口座
    • 証券口座への入金・出金のための銀行口座

②証券会社別 取引までの具体的な手順

おすすめの3社について、取引ツールダウンロード、入金、実際の取引、出金までの具体的な手順や注意点などをまとめてみました。FX取引が初めての方でも分かるように書いています。経験者の方はスルーしていただいて良いと思います。

初めてでも大丈夫。SBI FXトレードで原価10円で安全に10,800マイルを獲得する方法
2015年10月初旬現在、SBI FXトレードがキャンペーン中です。ハピタス経由で証券口座を開設して取引すると一発で12,000ポイ...
初めてでも大丈夫。DMM FXで原価100円で安全に13,500マイルを獲得する方法
2015年10月初旬現在、DMM.com証券のDMM FXがキャンペーン中です。ハピタス経由で証券口座を開設して取引すると一発で15...
初めてでも大丈夫。外為ジャパンFXで原価100円で安全に11,700マイルを獲得する方法
2015年10月初旬現在、外為ジャパンFXがキャンペーン中です。ハピタス経由で証券口座を開設して取引すると一発で13,000ポイント...

③DMM FXと外為ジャパンFXの注意点

おすすめ案件として挙げた、DMM FXと外為ジャパンFXはどちらも運営会社が同じ(DMM.com証券)で、取引プラットフォームもほとんど同じなので、この2つの案件にはセットで参加すると効率が良いと思います。

口座開設申請時の注意点

但し、DMMと外為ジャパンの2つの証券口座を同時に申請しない方が良いという情報があります。同時申請すると2つとも開設できなかった例があるようです。

どちらかひとつをはじめに申請して、開設できてからもう一つを申請するという具合です。

参加費用(入金金額)の注意点

DMMと外為ジャパンはどちらも口座開設後60日以内に5万円入金&1Lot取引という条件になっていて、ポイントが承認されるまで出金できません。

ポイント承認までの目安はDMM FXが取引後約30日間、外為ジャパンが約90日間ですから、もし2つの案件を同時にスタートさせると初めの30日間は10万円が証券口座にホールドされ、30日以降90日までは5万円がホールドされることになります。

案件に参加する場合には、①資金の状況、②口座開設のタイミング、③入金~取引のタイミングを兼ね合わせて考える必要があります。

まとめ

FX証券口座開設案件は一度しか使えないけど、数円~数十円の超低コストで大量ポイントが獲得できるチャンスです。

上記の3口座はFXが初めての方でも参加しやすい案件ですので、まだ参加されていない方は是非チャレンジしてみてください。一度チャレンジすれば諸々の勝手や具合が理解でき、2つ目、3つ目と進むことができると思います。

また、上記にあげた3社以外にも少額の資金で少量取引の案件がありますので慣れてきたらチェックしてチャレンジしてみましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク




フォローする