普通の人がなるべくお金をかけずに年間20万マイル貯める方法

Blue golf trip flight booking

皆さんはポイントサイトというウェブサービスを聞いたことがあるでしょうか?

「な~んだ、ポイントサイトで換金する話かぁ・・・」と早合点しないでもう少し読み進めてみてください。

ポイントサイトにはたくさんの広告が掲載されていて、広告を閲覧したり広告を経由して商品を購入したりすると利用者にポイントという形で報酬が還元されます。ポイントは一定量を超えると現金や金券に換金できたり、他サービスのポイントに交換出来たりします。ANAのマイルにも交換できますが、交換率が良くないので、ここではポイントサイトから直接ANAマイルには交換しません。もちろん現金への換金も行いません。

ご説明する方法は、あるクレジットカードのサービスを利用して、なんと1ポイント(1円)=0.9マイル、実に90%という驚異の交換率でポイントをマイルに交換できる方法です。今まで交換率0.5~1%でせっせとカード利用をしてきた私にとっては90~180倍も効率が良くなるのですから天と地がひっくり返るくらいの衝撃でした。

その、私たちにとって神のようなカードは、「ANA To Me CARD PASMO JCBカード」、通称ソラチカカードです。ソラチカカードを発行する東京メトロにはメトロポイントというポイントシステムがあり、メトロポイントからANAマイルに交換率90%で交換できるのです。

この、「ポイントサイト→ソラチカルート」の流れは下図のようになっています。

1ポイント(1円)=0.9マイルの驚異の交換率でマイルに交換する方法

普通の人がなるべくお金をかけずに年間20万マイル貯める方法

ソラチカカードによって、ポイントサイトで貯めたポイントが90%という高い交換率でANAマイルに交換できます。

しかし、ひと月あたりの交換制限が20,000メトロポイントまでとなっているため、このマイル交換スキームではひと月最大で18,000ANAマイルまで交換できることになります。つまり18,000マイル×12ヶ月=216,000マイルとなります。1年で20万マイルを超えてしまいますね。

実は、年間20万マイル貯められる方法とは、この毎月18,000マイルを貯めていく方法なのです。

年間20万マイル貯めるための準備

それでは早速、年間20万マイル貯めるための環境づくりを始めましょう。いくつもポイントサイトに登録したりカード発行の手続きをしたり、はじめの準備段階では面倒な作業が続きます。しかし大変なのははじめだけです。環境を整えてポイントが貯まり始めるとマイル交換の効率の良さに驚いてしまうと思います。その感覚を言葉にすると“マイルがどかどか溜まっていくイメージ“でしょうか。(笑)

ポイントサイトに登録する。

ポイントサイト専用のメールアドレスを作る

ポイントサイトは広告掲載が売上の元になっていますので登録すると様々な商品やサービスの広告メールが山のように届くようになります。ですからあらかじめポイントサイト登録専用のメールアドレスを作っておき、そのアドレスでアカウント登録するようにします。Yahoo!メールやGoogleのGメールなどの無料メールでOKです。

ポイントサイトにアカウント登録する

ポイントサイトはポイントを貯めやすいサービスを複数登録しておきましょう。登録は全て無料です。

おすすめはハピタス、GetMoney!、モッピー、ポイントタウンの4つが貯めやすくおすすめです。またメトロポイントに交換するためのハブとなるPeXにも登録してください。

モッピーはモバイル端末でのサービスに力を入れており、スマートフォンの携帯アドレスで登録すると「本会員」となり、ポイント交換日数が早まるなど優遇される点が多くなります。出来るだけスマホで登録しましょう。

ソラチカカードを作る

ソラチカカードは年間20万マイル貯めるためのマストアイテムです。2年目から年会費が2,000円かかりますが、受けられるメリットの方が断然価値があります。

このソラチカカードを作る時にもポイントサイト経由で作ればポイントを稼げます。上記のポイントサイトの中で一番還元ポイントが高いところを経由しましょう。ちなみにこの記事を書いている現在はポイントタウンが164,000ポイント(7,380マイル相当)で一番高いポイントを還元中でした。

サービス名 獲得ポイント マイル換算
ハピタス 7,800ポイント 7,020マイル相当
GetMoney! 6,300ポイント 6,300マイル相当
モッピー 8,000ポイント 7,200マイル相当
ポイントタウン 164,000ポイント 7,380マイル相当

ご覧のとおり、同じ広告案件でもポイントサイトによって還元ポイントが違うことがあります。期間限定のキャンペーン等で還元ポイントが大幅アップされていることもありますので、面倒でも必ず比較してから経由サイトを決めるようにしましょう。

経由するポイントサイトが決まり、バナーの指示に従って進むと、JCBのソラチカカードのページに移動します。ここからは通常のクレジットカード発行の手続きを行います。私の場合は申請後4日で審査が完了し、その5日後にカードが届きました。

ソラチカカードのコース選択(マイル移行手数料)について

ソラチカカードはANAとの提携カード故、カード使用で貯まったポイントを自動的にANAマイルに移行してくれるサービスがあります。マイル移行手数料が年間2,000円(2015年4/1から5,000円)かかる10マイルコースと無料の5マイルコースがあります。200円につき1マイル貯まる5マイルコースに対し、10マイルコースは100円につき1マイル貯まり交換率が良いかわりに手数料がかかります。しかし、このポイント交換スキームではソラチカカードのメトロポイントを経由させるルートを確保することが最大の目的ですし、極力お金をかけずにマイルを貯めるというのが本ブログのコンセプトですから、無駄な出費を避けるために迷わず無料の5マイルコースを選びましょう。(10マイルコースを選択しても1年間に1度もマイル移行しなかった場合は課金されません。)

コース名称 移行レート マイル移行手数料 備考
マイル自動移行コース

10マイル

Oki Dokiポイント
1ポイント=10マイル
2,000円(年間/税別)
2015年4月1日より5,000円(年間/税別)
カード利用金額1,000円(税込)ごとに1ポイントが付与され、自動的にマイレージに移行される。
マイル自動移行コース

5マイル

Oki Dokiポイント
1ポイント=5マイル
無料
マルチポイントコース

10マイル

Oki Dokiポイント
1ポイント=10マイル
2,000円(年間/税別)
2015年4月1日より5,000円(年間/税別)
カード利用金額1,000円(税込)ごとに1ポイントが付与され、任意のタイミングでマイレージ移行や商品交換できる。
マルチポイントコース

5マイル

Oki Dokiポイント
1ポイント=5マイル
無料

まとめ

さて、マイルを貯める準備が整いました。

ちなみにソラチカカードを作っただけで早くも7,380マイルを稼ぎ出してしまいましたね(※1)。しかも全くお金をかけずにです(※2)。普通にカードヒストリーを重ねた場合70万円以上カードを使わないと到達できないレベルです。桁違いの効率の良さを実感いただけたかと思います。なんだか20万マイルも夢ではなさそうな気がしてきませんか?

(※1)実際にはポイント承認期間及びポイント移行期間の日数がかかります。

(※2)ソラチカカードは初年度無料、2年目から2,000円(税別)の年会費がかかります。

次の記事ではいよいよ、「どかどか」ポイントを稼ぐ具体的な方法をご説明したいと思います。

どかどかポイントを稼ぐ秘訣-その1

スポンサーリンク
スポンサーリンク




フォローする