2015年SFC修行ルート&費用最小化を考える

3

修行ルートの考察

私のSFC修行の条件はだいたい下記のようなものです。

・平日のみ
・国内日帰りが基本
・なるべくPP単価が安いこと
・狭くて苦しい修行はいやだ
・急なスケジュール変更にも対応できるようにしたい

このような条件をクリアする修行ルートは、国内修行鉄板路線の羽田-那覇便のプレミアム株主優待チケットしかありません。一番PP単価が安い国内線は羽田-石垣便のプレミアム旅割も良いのですが、やっぱり変更・キャンセルができないのがネックです。

土日は家族と過ごしたいですし、週に1日くらいなら平日でスケジュールを調整できそうなので、平日朝から夕方までの日帰り修行僧というパターンになりそうです。主婦の尼僧の皆さんと同じですね。

独身時代だったら海外のショートトリップも絡めたかったところですが、今はなるべく日常のペースの中で最短で修行を終わらせたいと思っています。

PP単価と修行費用の算出

羽田-那覇便のプレミアム株主優待チケットは往復5,720PP。2015年5月いっぱいまでは往復56,680円なので、PP単価=9.9円になります。(株主優待券の入手費用含まず)
このパターンで羽田-那覇間を8.74回往復すれば50,000PPクリアとなります。

①航空券代
56,680円×9回=510,120円(←ゼロ円チャレンジ中)
※6月以降はANAの航空券代が値上がりするようなので実際にはもう少し金額はアップすると思います。

②株主優待券入手費用
2015年1月中旬現在、チケットショップで1枚2,400円程度で買うことができます。9往復で18枚必要なので計43,200円
実際にANAの株主になって株主優待券をゲットする方法もあるみたいですが今回は手が回らないのでパスします。

③空港駐車場代ほか雑費

ということで、SFC取得のためには、約56万円+αくらいの費用がかかる予定ということが分かりました。

お金を使わずに修行用の航空券代を手に入れる

修行にかかる航空券代はANAマイルをSkyコインに交換して充当しようと思っています。できれば航空券代のほとんどをマイルからの交換で賄ってしまおうという無謀とも思えるプランを実行しようと思っています。
そのために必要なのが、普通の人がなるべくお金をかけずに年間20万マイル貯める方法の実践です。
もともとAmexのポイントが15万ポイント程貯まっていたので今回のSFC取得チャレンジを機に全てANAマイルに交換(15万マイル)。そしてANA VISAゴールドカードを作り、ANAマイルからSkyコインへの交換率を1.6倍になるよう準備しました。15万マイル×1.6倍なので、240,000円分のSkyコイン=航空券代が用意できました。
詳しくは、SFC修行するならANA VISA/マスター ワイドゴールドカードな理由を参照ください。

残りの足りない30万円強は、メトロポイント経由のマイル交換ルートを使って20万マイル貯められればSkyコイン交換は1.6倍ですから320,000円分が充当できることになります。
実際には株主優待券などは現金で購入しますから、今年のどこかでポイントサイトから現金に換えてその分を充当することになるかもしれません。

ちなみに修行の途中で30,000PPに到達すると来年度のANAブロンズメンバー資格を得ますが、今年からでもブロンズ事前サービスを受けることができます。ブロンズになるとSkyコイン交換率が1.7倍にアップしますのでさらに効率が良くなります。

支出を限りなくゼロに抑えて50,000PPのプラチナメンバーを達成してSFCを取得することが目標です。はたしてどうなりますか。

スポンサーリンク
スポンサーリンク




フォローする